2016年3月26日土曜日

〔少女庭国〕

 今晩は。ミニキャッパー周平です。 第2回ジャンプホラー小説大賞の〆切まで残り3ヶ月。志望者のみなさん、応募用の原稿は進んでいますか?
 ホラー賞宣伝隊長の私は、キャラの個性が強い作品が好きな一方、スケールの大きな作品も好きです。というわけで、本日のテーマは、矢部嵩『〔少女庭国〕』。



 この小説は、ごく一般的に想像される「ホラー」のイメージからは大きく踏み外しています。
 矢部嵩はホラーレーベルからデビューした作家であり、本作以前に発表した本は三冊ともホラー、『〔少女庭国〕』もいかにもホラー然としたシチュエーション(デスゲーム風)で幕を開け、ホラー読者でないと耐えられなさそうな描写(カニバリズムなど)もあり、答えの明かされない理不尽さや、倫理観の超越はホラーそのものですが――にもかかわらず、読み味は他のどんなホラーにも似ていません
 ではファンタジーやSF的か、と言うとそうでもなく。
 とにかく、あらすじをご紹介しましょう。

 卒業式の日、学校の講堂に向かう途中の廊下で意識を失った羊歯子(しだこ)は、見慣れぬ部屋で、一人きりで目を覚ました。石造りの殺風景な室内にあったのは、「卒業(脱出)」のためのルールが書かれた一枚の紙と、隣の部屋に向かう扉のみ。

 示されたルールは、かいつまんで説明すれば以下のようなもの。
●一つ先の部屋には、別の少女が寝ている(扉を開くと目を覚ます)。その次の部屋にも、そのまた次の部屋にも、別の少女が寝ている。どこまでも部屋は続き、どの部屋にも少女が寝ている。
自分以外の、目覚めている少女が全員死ななければ、「卒業(脱出)」できない

 じっくり吟味すれば、「扉を開けるほど競争相手の少女が増え、殺さなければならない相手が増える」というものですが、羊歯子はそこに気づく前に、十一の扉を開け、十一人の少女を目覚めさせてしまいました。
 食糧もろくにない中、羊歯子を含む十二人のうち「たった一人しか生き残れない」、十一人が死ななければならない、という状況に追い込まれたのです。羊歯子たちの選択は――?

 ……結論から言うと、羊歯子たち十二人のグループの物語は、開始五十ページで早々と決着が着いてしまい、彼女たちは物語から退場します。
 ギリギリ、普通の不条理脱出ゲーム系ホラーの範疇に留まっているのはここまで。

 その続き、『〔少女庭国〕』という本の大半は、羊歯子たちとは別の選択をした少女たちの物語になります。
 別のグループでは、無軌道に次々扉を開けていった少女の行動により、数千とか数万、それどころか数億の「閉じ込められた」少女たちが目覚めてしまいます。こうなると、脱出の方法、「最後の一人になるまで他の少女を皆殺しにする」ことは不可能になります。

 そして目覚めてしまった大量の少女たちは、生き延びるために試行錯誤を積み上げていきます。排泄物や人肉を食って食料不足を補い、人骨から打製石器を産み出し、開拓がなされ、奴隷が生まれ、王が生まれ、農耕が始まり、科学が芽生え、哲学が芽吹き、娯楽が誕生し……おびたたしい挫折と壊滅と屍の上に、彼女たちの歪な「国」が築かれていきます。

 先ほど、ホラーの常道からは外れているし、かといってファンタジーやSF的でもない、と書きましたが、ひとつだけ読み味が似ているジャンルがあります。
 それは「歴史書」。
 突き放した視点、名前を覚えたそばから死んでいき、目まぐるしく立ち代わる登場人物。あたかも文明の興亡を追っているような、スピーディーなのに重厚な印象を与えるその物語は、歴史書を読むのに近い興奮を与えてくれます。無数の名もなき少女たちの営為の果て生まれた、死者をリソースとする呪われた国家の、勃興と爛熟と衰亡。それが、わずか二百頁弱の中に凝縮された、濃密な物語。巨視的でありながら、ちっぽけな少女たちのやるせない想いにもスポットが当たる。「スケールの大きな小説」「破格のフィクション」に触れたい人に、ぜひ推したい一冊です。


(※書影はAmazonより引用しました)